あらゆる気体の測定に 株式会社ガステック

ガス測定器について

測定器について

Q1.

貴社の酸素濃度計や各種ガス検知警報器を使用していますが、メーカーによる定期点検は必要なので しょうか。

A1.

ガス測定器においては、必ずしもメーカーによる定期検査は義務付けされていません。点検作業はメーカーのみならず、ご使用者側でも行うことが可能です。重要なのは、機器の信頼性を維持させるべく日常点検や定期点検などの保守点検を確実に実施することです。この保守点検により正確なガス測定が行なえることはもちろん、機器の性能・機能を長期にわたり良好な状態に保つことができます。

Q2.

具体的な日常点検・定期点検の方法を教えてください。

A2.

(1)日常点検―使用前の点検で、機器の動作が正常であるかを調べます。
 A)外観点検―目視で本体およびセンサケーブルの断線・接触不良、吸引式の場合は吸引ホースに亀裂・損傷がないかを確認します。
 B)電源電圧―乾電池あるいは充電式電池の残量を確認します。
 C)センサ―酸素濃度計ではセンサの出力が指示値23%以上あることを確認、その他のガス種についてはゼロ点調整が行なえることを確認します。
 D)警報動作―警報機能を有している機器では、必要に応じて各ガスの警報設定値で警報を発することを確認します。

(2)定期点検―メーカー点検を含めた定期的に行う点検で、期間を定めて機器の性能をより詳しく調べ、次の定期点検までの故障発生の予防を目的として実施します。 点検内容は前述の日常点検項目A)~D)に加え、センサの感度校正が重要となります。
 E)感度校正―酸素濃度計以外の検知警報器では、校正用ガス(スパンガス)を使ってそのガス濃度を測定器の指示に合わせ、センサの感度を調整します。これは、センサの感度が時間の経過や温度・湿度などの環境条件によって相対的に変化するためであり、校正ができない時は新しいセンサに交換し、測定の正確さを確保します。

ここでは代表的な点検項目を挙げました。実際の保守点検内容につきましては、各々の取扱説明書に記載された項目に基づいて点検を行ってください。

ガス校正キットCK-2を用いたガス検知警報器の校正
ガス校正キットCK-2を用いたガス検知警報器の校正
Q3.

計測器に市販の単3形・単4形の充電式電池を使用することができますか?

A3.

当社製品の防爆電気機器は、使用する電池の種類を指定しておりますので、アルカリ・マンガン乾電池以外は使用することができません。防爆品以外の機器の場合は使用することができますが、その際には注意が必要となります。現在市販されている充電式のニッケル水素・ニッカド電池は、当社が使用を指定しているアルカリ・マンガン電池とは放電電圧特性が異なり、平らな特性を示し、末期では急激な電圧低下が発生します。そのため、機器に電池残量が正しく表示されず、場合によってはご使用途中で電池がなくなる場合もございます。

Q4.

長期間(1ヶ月以上)ガス警報器・測定器を使いません。保管及び再び使い始める際の注意点はありますか?

A4.

ガスセンサは、アルコールや有機溶剤蒸気などに曝されると故障の原因となります。清浄な空気中に保管して下さい。また過放電により乾電池の液漏れが発生する場合もありますので乾電池を取り外して保管してください。再び使用し始める時には、電池を本体にセット後、センサのゼロ点が安定するまで放置しその後、点検・調整を行ってください。

Q5.

ガス警報器・測定器の表示部が汚れているので、洗剤・アルコールなどでの拭き取りや水洗いをしてもいいですか?

A5.

ガスセンサ及び本体が故障する可能性があるので、絶対に洗剤・アルコールなどでの拭き取りや水洗いは行わないで下さい。汚れがひどい場合は、水に濡らした布などを固く絞り汚れを拭き取る程度の清掃を行ってください。
また、最近ではインフルエンザ対策として手指の消毒にアルコールを含む消毒剤を使用することがありますが、アルコールの残った手でガスセンサに触れた場合にも性能が劣化する恐れがあり、故障の原因となります。アルコール消毒した後に測定器を使用する場合は、ガスセンサに触れないように注意して下さい。

Q6.

携帯形ガス検知警報器の耐用年数はどれくらいでしょうか?

A6.

ガスセンサやフィルタ、吸引ポンプ、電池などの寿命のある部品を都度交換し且つ定期的な点検を行っていても、検知警報器が使用される環境は一般的な電気機器に比べ特殊かつ過酷であり、持ち運ぶことによる環境変化の影響も大きいため、携帯形ガス検知警報器の妥当な耐用年数は5年程度とお考えください。産業用ガス検知警報器工業会発行の保守点検規格においても携帯形・装着形ガス検知警報器の妥当な耐用年数は5年とされております。

参考:産業用ガス検知警報器 保守点検規格 7.2項

Q7.

ガス検知警報器はどのくらいの範囲のガスを検知しているのですか?

A7.

熱線式、電気化学式、光学式など様々な検知原理のセンサによりガスを検知するものがありますが、どのような検知原理のものでも拡散式の場合はガス検知部、吸引式の場合には吸引口の近くに存在するガスだけを検知しています。このような特性のものであるため測定環境の広さ、深さや測定対象のガスの比重など考慮し複数個所の測定を行うことが必要になります。例えば、作業環境測定基準 第十二条(酸素及び硫化水素の濃度の測定)では酸素欠乏危険場所の濃度分布状況を知るためには5点以上測定することが規定されています。

参考:産業用ガス検知警報器 保守点検規格 5.5.2項a)

Q8.

ガス検知警報器を調整(校正)するのに試験・校正用ガス濃度の推奨値はありますか?

A8.

調整は2点校正(0調整とスパン調整)になりますので指示範囲に対して低い濃度や指示範囲の上限に近い濃度で校正した場合には警報点付近の誤差が大きくなります。通常は警報設定濃度の1.6倍(毒性ガスの場合は2倍の場合もある)濃度のガスや警報設定値付近、又は指示範囲の最大濃度の1/2付近のガスで行ってください。

参考:産業用ガス検知警報器 保守点検規格 附属書A A.3.2項

防爆構造について

Q9.

防爆測定機器はどのような場所で必要なのでしょうか?

A9.

労働安全衛生法および労働安全衛生規則により、爆発、火災が発生する濃度に達するおそれのある箇所において使用する電気機器は防爆構造電気機器でなければ使用できないとされています。

石油プラント、化学工場、可燃性ガスやガソリンなどの取扱場所、塗料や溶剤洗浄を行う場所、これらの物を保管する場所など、爆発や火災が発生するおそれのある工場や事業所で必要になります。
国内のこのような場所では、海外で防爆認定を受けている製品であっても厚生労働省指定の型式検定代行機関である(社)産業安全技術協会の検定に合格し、認定された測定器でなければ使用することは出来ません。
防爆測定機器の図

存在するガスの種類、爆発性雰囲気の存在する時間、頻度に応じて必要とする防爆構造が異なってきます。
当社の携帯形酸素濃度指示警報計(型式:GOA-6H-S)の場合、防爆性能はi2G3となり本質安全防爆構造、爆発等級2、発火度G3となります。GOA-6H-Sは石油精製工場や石油化学工場等様々な場所で幅広くご使用いただいております。
お客様の用途に応じた測定器をご使用下さい。

Q10.

防爆電気機器であれば爆発性ガスが存在するどのような場所でも使用することができるのでしょうか?

A10.

防爆電気機器は危険場所での使用に適するように設計されていますが、対象となる爆発性ガスの種類や使用条件を特定することで防爆性能を保証しております。対象ガスおよび使用環境に適した防爆性能を備えた機器をご使用ください。

Q11.

アルカリ・マンガン一次電池の使用が指定されている防爆電気機器に充電式ニッケル水素電池を使用しても問題ないでしょうか?

A11.

防爆電気機器は電池を含めて防爆性能を設計、試験、検定しているものです。機器本体及び取扱説明書に記載されている以外の電池電源を使用した場合には着火源となる可能性があり、防爆性は保証され ません。

Q12.

電源を切っていれば防爆電気機器が使用される場所に携帯電話や携帯形の非防爆電気機器を持ち込んでも問題ありませんか?

A12.

機器内部には着火エネルギー源となる電池が内蔵されています。防爆の技術的な対策が施されていないと電源を切っていても着火源となる可能性があるため持ち込むことはできません。

Q13.

防爆機器が破損しました。ユーザーが修理して使用することができますか?

A13.

防爆機器は機器の構造、材料、部品の全てを含めて防爆性能を確立しているものです。メーカ指定の消耗品であるフィルタやセンサの交換、電池の取り替え以外での修理は防爆性能が損なわれる場合がありますので修理は必ずメーカへ依頼してください。

Q14.

外国で検定(認定)された防爆電気機器であればそのまま国内で使用しても問題ありませんか?

A14.

日本国内で使用する防爆電気機器の場合には国内法令により日本の検定に合格したものでないと使用することができません。