あらゆる気体の測定に 株式会社ガステック

こども実験室

光合成の実験

植物が二酸化炭素をとり入れて酸素を出しているか調べてみよう

1実験の準備

新鮮な空気中の二酸化炭素では濃度が0.03%と低いため、二酸化炭素及び酸素濃度の変化が微量であり、これを気体検知管でみることは困難であると予想されます。しかし、下記の手順で実験すると変化がはっきり現れます。

準備するもの

  • 葉の茂った植木鉢
  • 厚みのある5~10リットルのポリエチレンの袋(ふくろ)
  • ストロー
  • 粘着(ねんちゃく)テープ(ビニルテープなど)
  • はさみ
  • 気体検知管式測定器
    • 気体採取器
    • 二酸化炭素検知管 2EL
    • 二酸化炭素検知管 2EH
    • 酸素検知管 31E

2ポリ袋で植木を包み呼気を封入

2-1
ポリ袋に粘着テープをはり、補強したところをはさみで切り口を作ります。(2ヶ所)その上に空気がもれないように折り曲げた粘着テープをはります。
2-2
鉢を一緒にしないようにポリ袋で植木だけを包み、茎の根元を粘着テープで閉じます。
ポリ袋に粘着テープをはり、補強したところをはさみで切り口を作ります。(2ヶ所)その上に空気がもれないように折り曲げた粘着テープをはります。
2-3
上の粘着テープをはがし、ストローを差し込み、ストローで5~10回吸ったりはいたり(大きくゆっくりと)して、呼気を封入します。ストローの口を粘着テープでふさぎます。
上の粘着テープをはがし、ストローを差し込み、ストローで5~10回吸ったりはいたり(大きくゆっくりと)して、呼気を封入します。ストローの口を粘着テープでふさぎます。

3はじめの状態を調べる

3-1
気体採取器に二酸化炭素検知管 2EH を取りつけ、別の気体採取器に酸素検知管 31E を取りつけます。上の粘着テープをはがし、ポリ袋の中にそれぞれの検知管を差し込み、検知管 2EH で二酸化炭素濃度を、検知管 31E で酸素濃度を測定し,記録します。
気体採取器に二酸化炭素検知管 2EH を取りつけ、別の気体採取器に酸素検知管 31E を取りつけます。上の粘着テープをはがし、ポリ袋の中にそれぞれの検知管を差し込み、検知管 2EH で二酸化炭素濃度を、検知管 31E で酸素濃度を測定し,記録します。
3-2
粘着テープで2つの穴をふさぎます。

4時間経過に沿って調べる

4-1
数時間日光の下に放置し、時間経過に沿って酸素・二酸化炭素の濃度を記録します。
数時間日光の下に放置し、時間経過に沿って酸素・二酸化炭素の濃度を記録します。

5実験結果から考える

実験データ例(ベンジャミンを使って実験)

酸素 二酸化炭素
はじめ 約18% 約3.6%
1時間後 約18.5% 約2.7%
2時間後 約19.5% 約1.5%

植物が光合成をすると
二酸化炭素が減り、酸素が増える!