芳香族炭化水素

NO.120
 
Aromatic hydrocarbons
作業環境測定で主成分がトルエン、キシレンなどである混合有機溶剤の測定に使用する
仕様
目盛範囲: 2〜100ppm〔基準n=1〕
測定範囲: 0.4〔n=5〕〜200ppm〔n=1/2〕
吸引回数〔n〕: 1〔基準〕,1/2,2〜5
1回(100ml)の吸引時間: 1.5分
検知限度: 0.2ppm〔n=5〕
変色: 白色→茶色
温・湿度補正: なし
有効期限: 3年
指示精度: CV=5〜10%
(CV:変動係数=σ:標準偏差÷平均値×100)
測定手順
1. 混合成分の把握
主成分が24物質であることを確認する。
2. 検知管の選定
24物質の検知管または、芳香族炭化水素系(No.120)、脂肪族炭化水素系(No.140)、トリクロロエチレン検知管(132L)の内最良のもの
3. 併行測定点の決定
前回(今回)の測定で最大の測定値の得られた点
4. 測定点での測定
各測定点の検知管測定と併行測定点でのガスクロと検知管の併行測定の実施
5. ガスクロ分析
捕集した試料をガスクロで分析する
6. 換算値の算出
ガスクロから求めた各成分濃度と管理濃度から求める
7. 換算値変換係数算出
換算値変換係数=併行測定点における換算値(無次元)/併行測定点の検知管指示値(ppm)
8. 測定点の換算値算出
換算値=換算値変換係数×各測定点の検知管指示値
9. 測定結果の記録
ガスクロ測定値、換算値、検知管指示値、換算値変換係数
校正用ガス ガス拡散管法
許容濃度 管理濃度 TWA STEL 爆発範囲
-- -- -- -- --


前画面へ戻る  一番上へ