あらゆる気体の測定に 株式会社ガステック

ホルムアルデヒド簡易分析セット MDS-100 

ホルムアルデヒドの測定に用いられているDNPH-HPLCまたはDNPH-GC法は大型で高価な分析装置が必要となるため、現場で簡単かつ低コストで測定できる測定装置の開発が望まれていました。
弊社では、シンプルな二重管構造のミニチュア拡散スクラバを開発し、わずか1ml程度の吸収液にホルムアルデヒドを捕集することにより従来では分析感度が低かった比色分析法を使用可能にしました。 (従来のDNPH-HPLCとも高い相関が得られています)
また、本法はホルムアルデヒドの選択性に優れ、従来の妨害物質(他のアルデヒド類、ケトン類、エステル類、アルコール類、窒素酸化物)の影響をほとんど受けません。オゾンの影響もほとんど受けないのでオゾンスクラバは不要です。
さらに、軽量・コンパクトな携帯形LED比色計を新たに開発し、室内空気中ホルムアルデヒドの簡便な測定システムを開発しました。
ホルムアルデヒド簡易分析セット MDS-100 

特長

ミニチュア拡散スクラバ捕集管を採用

多孔質フッ素樹脂チューブ(内管)と外管とで構成されるシンプルな二重管構造。
通気抵抗がほとんどないため、捕集管サンプラの性能を選びません。

測定はいたってシンプル、オンサイト分析が可能

ミニチュア拡散スクラバ捕集管と携帯形比色計を用いて現場で分析結果が得られます。
分析は衛生試験法、大気汚染物質測定法指針、JIS K0303でも採用されているAHMT法です。

比色分析法でも充分な測定感度を達成

わずか約1mlの捕集液量で捕集が可能なため、検出限界約2ppbと高感度な測定を実現しています。
DNPH-HPLCとも高い相関が得られています。
オゾンの影響はほとんど受けません。(オゾンスクラバが不要)
ホルムアルデヒドの選択性に優れ、従来の妨害物質の影響はほとんど受けません。
(他のアルデヒド類、ケトン類、エステル類、アルコール類、窒素酸化物)

ミニチュア拡散スクラバ捕集管の原理

ミニチュア拡散スクラバーMDS-1
ミニチュア拡散スクラバ捕集管は、多孔質フッ素樹脂の内管と外管とで構成されるシンプルな2重管構造を有します。
捕集液を、多孔質フッ素樹脂の内管に充填し、サンプラを用いて大気を吸引します。
吸引された大気は、内管と外管のわずかな隙間に導入され,大気中のホルムアルデヒドは内管内の捕集液に吸収されます。
吸引速度0.1L/minの場合、捕集効率は約95%と測定に充分な性能を有します。
ホルムアルデヒド比色計COLM-FA
小型・軽量・携帯型。採取した溶液を現場で簡単に分析できます。ホルムアルデヒド濃度に変換する検量線を内臓。測定ボタンを押すだけで濃度をデジタル表示します。(吸光度・透過度測定モードも内臓。検量線の作成が可能です。)
MDS-100
ホルムアルデヒド簡易分析セット MDS-100
調整済みの補修液・発色試薬・酸化試薬を1測定単位で用意していますので事前に試薬を準備する必要がありません。

本測定方法は慶應義塾大学理工学部・田中茂先生、(財)神奈川高度技術支援財団、ガステックの共同研究によるものです。 (科学技術振興事業団の平成15年度研究成果最適移転事業に選定されています)

ホルムアルデヒド簡易分析セットMDS-100は 「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行規則」で 「厚生労働大臣が別に指定する測定器」の指定を受けました。 ( 平成19年7月13日付官報 厚生労働省告示第256号 )
また上記告示を踏まえ,文部科学省より「学校環境衛生の基準」における スクリーニング法として使用しても差し支えないと新たに判断されました。(平成19年7月27日付事務連絡 学校における室内空気汚染対策について)

お問い合わせ

詳しくは弊社営業本部までお問い合わせをお願いいたします。

TEL:0467-79-3911 FAX:0467-79-3979