あらゆる気体の測定に 株式会社ガステック

一酸化炭素・二酸化炭素測定器CMCD-200

コンパクトなボディでビル・オフィス内のCO・CO2を正確に測定

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築物衛生法)に適合。
一酸化炭素と二酸化炭素を同時に、素早く、正確に測定します。

  • 小型・軽量でわずか600gと持ち運びに便利
  • COの指示精度は±1ppmと高い信頼性(0~10ppmの範囲)
  • 省エネスイッチで、電池の節約が可能
  • 暗い場所でも読み取りやすい照明スイッチ
  • COセンサはお客様にて交換が可能
  • 電源は3電源に対応(乾電池/ニッケル水素充電池/AC電源)
  • 24時間連続測定が可能(オプションのACアダプタ使用)
  • ロギング機能搭載
一酸化炭素・二酸化炭素測定器 CMCD-200

仕様

測定対象気体 一酸化炭素 二酸化炭素
測定範囲 0.0~50.0ppm
(サービス範囲:50.1~59.9ppm、
60.0ppm以上は“OVER”表示)
0~6,000ppm
(サービス範囲:6,000~9,950ppm、
10,000ppm以上は“OVER”表示)
測定原理 定電位電解式 非分散型赤外線吸収式
採気方式 吸引式
表示方式 液晶デジタル表示(表示内容:瞬時濃度、1分間平均値、日時、電池残量)
指示精度(20度、校正時) 0~10.0ppm:±1ppm
10.1~50.0ppm:フルスケールの±5%
0~2,000ppm:±50ppm
2,001~4,000ppm:±100ppm
4,001~6,000ppm:±300ppm
使用環境条件温度:-5~40℃ 相対湿度:30~90%RH
電源 単3形アルカリ乾電池もしくはニッケル水素二次電池4本、ACアダプタ(オプション)
寸法 約155(W)×72(D)×95(H) mm (突起部含まず)
重量 約600g(電池・センサ含む)

ソフトウェア

オプション

センサは、月日の経過や環境の変化により感度変化を生じることがあります。正確な測定を行うためには、校正用ガスによる校正が必要となります。
*CMCD-200をお使いになる際は、ゼロ調整用ガスプッシュ缶No.1509、CO/CO2校正用ガスプッシュ缶No.1508、2LサンプリングバッグNo.1356も合わせてお買い求めください。

窒素:79%、酸素 : 21% / 内容量7リットル

一酸化炭素 : 26ppm、二酸化炭素 : 1550ppm/内容量7リットル

製品に関するお問合せ

お問合せは該当する窓口にお願いいたします。